| 理事長挨拶 | 沿革・事業案内 | 所在地:地図 | 組 織 | スタッフ紹介 | 協力研究員一覧 |

 北海道地域農業研究所は、北海道農業の振興に係わる諸問題について研究する、産学官の総力を結集した新たな実践的研究機関として、平成2年に設立されました。
 当研究所は地域農業の振興について、地域の視点から独自に研究を進め、道、市町村、農業団体が行う地域農業振興に係わる各種の計画樹立や診断業務について、積極的に支援するシンクタンクとしての役割を果たして、北海道の基幹産業である農業の振興と地域産業の発展に寄与し、あわせて生産者と消費者の交流にも貢献することを目的として調査研究を行っております。

 

1.道内の産・学・官の総力を結集した実践的研究機関です。
2.北海道農業振興のシンクタンク的機能をもっています。
3.大学や試験研究機関の研究者、農協系統組織等のベテラン実務経験者からなる協力研究員約100名を擁しています。
4.この豊富なスタッフの協力のもと、テーマ毎に専門プロジェクトを編成し調査研究を展開しています。
5.地域農業振興や産業発展に関する各種機関・団体の自発的活動を支援し、幅広い調査研究事業に取り組んでいます。
6.地域農業振興の支援事業(共同研究)は地域の関係機関・団体と密接な連携協調のもとに実施しています。
7.本研究所が蓄積してきた研究成果やデータ資料は、会員の情報ニーズを踏まえた整備を行っています。(インターネットホームページからのデータベース閲覧サービスを開始)

 

事業概要−農業の未来を考える−
  共同研究
 農協・市町村等からの委託事業は、地元と本研究所とが行う共同研究として位置付け、地域農業等振興方策の樹立を支援します。
  自主研究
 本道農業の振興に係わる諸問題について、本研究所が独自の立場で調査・研究を行い、その結果を会員に報告すると共に、必要に応じて関係機関、団体への提言を行います。
 なお、自主研究を円滑に進めるため、分野ごとに研究会を組織し調査・研究を行います。
  診断事業
 農協、市町村等の依頼による特定の課題に対してコンサルテーションを行います。
  受託事業
 国、道及び関係団体等から委託される調査・研究は受託事業として取り組みます。
  研修事業
 地域振興に係わる課題をテーマに会員である農協、市町村等の役職員を対象として研修会を実施します。
  講師の派遣
 会員の要請に応え、本研究所の研究員及び協力研究員を講師として派遣します。
  その他サービス業務
 これまでの調査研究事案で培われた手法を活かし、アンケート調査、事例調査、経営分析等個別サービスもあわせて提供します。
  図書資料の発行
 ●機関誌の発行
  会報「地域と農業」(季刊)を年4回発行
 ●叢書、年報の発行
  調査・研究の成果を叢書及び年報として発行
 ●その他の資料の発行
  必要に応じて研究会の結果を報告書等として発行
 
調査・研究−問題を広くとらえる−
  農業生産構造に関する研究
 地域の農業生産構造、担い手問題、農地問題、負債問題等に係わる調査・研究

農協の組織・運営体制に関する研究
 農協系統組織の事業・組織に係わる調査・研究

農産物の流通・消費に関する研究
 農産物の市場問題、物流問題等に係わる調査・研究

農村の生活文化、環境整備に関する研究
 農村の福祉、教育、文化及び農村計画等に係わる調査・研究

農業情報に関する研究
 生産技術、営農情報、農家経済情報等、農業関連情報に係わる調査・研究

   
前のページへ このページのトップに戻る 次のページへ

一般社団法人 北海道地域農業研究所
札幌市北区北6条西1丁目4番地2  ファーストプラザビル7階
電話 (011)757-0022 FAX (011)757-3111