調査研究事業の概要

平成3年度
 本研究所の研究課題にとりくむ姿勢として、大きく三つの分野に分類した。
 第一は「共同研究」として位置づけたもので、これは市町村、農協からの委託を受け、研究所の中心的課題である地域問題を掘り下げ、地域農業の発展方向を見出してゆくのもで、主に市町村、農協の農業振興計画づくりの支援である。この場合、単なる委託事業としてではなく、その地域と研究所とが共同して調査研究にあたるものとした。本年度は5地区で「共同研究」にとりくんだが、うち「留萌地域の農業発展方向」については平成4年度までの継続事業であるため、その成果は次年度に譲ることとした。
 第二の研究課題は「受託研究」である。これは国、道、農業団体等からの委託を受けた課題についてコンサルテーションを行うものである。本年度は5つの課題にとりくんだが、うち、北農中央会から委託を受けた「乳価算定方式の検討と国際化の中で通用する所得政策の確定ならびに酪農関係法制度の緩和とコストの影響試算」については、平成4年度に結論を出すこととなっている。
 第三の課題は「独自研究」と呼称するもので、北海道農業の抱える基本的課題を大学、試験場等の研究者の協力を得て、定例的に研究会を開催し、研究所の主体性のもとに課題、を究明しようとするもので、当面次の4つの分野に区分してとりくむこととした。
1.農協の組織運営体制に関する研究
2.農業生産構造に関する研究
3.農畜産物の流通・消費に関する研究
4.農村の生活・文化、環境整備に関する研究
 このうち、本年度は1.と2.にとりくんだがとりまとめ報告書は平成4年度に行うこととしている。
 会報は本年度3回の発行を行った。各号毎に特集を組んだが、その内容は「都市生活者からみた農業」(第2号)、「農村における生活環境と景観」(第3号)、「女性から見た農業」(第4号)とした。この他解説、エッセイ、ときの話題等を掲載し、会員に提供した。本研究所の調査研究活動を円滑にすすめるため、参与会、幹事会を開催し・研究テーマの設定、調査研究活動の具体化にとりくんだ。又、ガットウルグアイラウンドで農畜産物の自由化が緊迫した情勢を迎えた平成4年2月、「食料の消費と生産を考えるシンポジウム」を組織し、消費者と生産者を中心に、250名が参加し、熱心な討議がなされた。
 この他、各地区、各団体の要望に応え、各種研修会・研究会等への講師・助言者の派遣を積極的に行った。