研究所役職員の研究発表活動

平成3年度
1.学会誌、研究会誌等の掲載論文
○吉野宣彦 「酪農における新技術の導入に関する一考察
―フリーストール・ミルキングパーラーの導入をめぐって―」
農業経営研究・第18号・29〜50頁
北海道大学農業経営学教室、1992.2.
○冨田義昭 「畑作物市場再編と農協組織の対応」
2.学会、研究発表
○冨田義昭 「畑作物市場再編と農協組織の対応」
農業市場研究会−1991年秋期研究会報告−、1991.10.
○冨田義昭 「北海道野菜の位置づけと今後の展望
  −労働力不足下の野菜生産の課題とり組み方向−」
北海道農業経済学会シンポジウム報告、1991.12.
○吉野宣彦 「酪農における新技術の導入過程に関する試論
  −フリーストールの導入をめぐって−」
北海道農業経済学会個別報告、1991.12.
3.著書及び投稿
○千葉僚郎 「地域に根ざした研究活動」
地域と農業・1・7頁、北海道地域農業研究所、1991.3.
○千葉僚郎 「ガットの農業交渉を考える」
科学と思想・80・145〜147頁、新日本出版社、1991.4.
○千葉僚郎 「私がいま考えていること」
北海道農文協ニュース・1・2頁、北海道農村文化協会・1991.7.
○千葉僚郎 (共編著):「日本農業再建の道標」
151〜176頁・わが国農産物市場をめぐる基本矛盾
筑波書房、1991.1O.
○千葉僚郎 (紹介)宮下柾次他共編著「経済摩擦と日本農業」
ミネルヴア書房、農林水産図書資料月報
第42巻第11号・6頁
農林水産省図書館、1991.11.
○冨田義昭 「ソ連・極東地域における畑作・野菜作技術の動向」
ソ連・東欧の農業・Vo1.3、1・23〜38頁
農林水産技術・研究動向、1991.5.
○冨田義昭 「北海道における野菜・花きの現状と将来について」
農業機械北海道 47号・4〜11頁
北海道農業工業会・特別講演要旨、1991.6.
○冨田義昭 「農産物の生産から加工技術への展望」
今月の農業8月号、110〜116頁
特集・飛躍する北海道農業、渇サ学工業日報社、1991.8.
○冨田義昭 「北海道における野菜・花きの現状と将来
  ―機械・施設化に向けての提案・要望―」
地域と農業・2・30〜35頁、解説、1991.8.
○冨田義昭 「北海道らしい野菜の省力化・機械化に向けて」
農家の友10月号 12〜17頁
特集・野菜生産の省力化・機械化をどう図る、1991.10.
○冨田義昭 「農協の企画・開発部門の機能」
地域と農業・4・22〜25頁、解説、1992.1.
○冨田義昭 「労働力不足下の野菜生産の課題と取り組み方向」
日本農業新聞・営農と飾(4回達戴)、1992.2-3.
○冨田義昭 「農業のシンクタンクを目指して」
北農・第59巻第2号・20頁、研究室だより・(財)北農会・1992.4.
○冨田義昭 「農業情報の受・発信は農業外に対しても」
北海道農業情報研究会・Hamir news・2・1頁、特別寄稿、1992.2.
○幸健一郎 「忘れるな!協同組合の原点を」
協研ニュース・123・2〜3頁・巻頭言・協同組合研究会、1992.3.
○中村正士 「情報システムはいま」
地域と農業・北海道地域農業研究所・会報連載
1.北海道生鮮食料品流通情報システム
国産原料情報システム・2、40〜47頁、1991.7.
2.北農ファクシミリ情報システム
RAIS(農業農村情報システム)・3、40〜46貫、1991.10.
3.オフトーク通信
農村型CATV・4、30〜36頁、1992.2.
○吉野宣彦 「フリーストール導入の現状と課題」
日本農業新聞・営農と技術(4回連載)・19921-2