研究所役職員の研究発表活動

平成4年度
1.学会誌、研究会誌等の掲載論文
○冨田義昭 (共同研究)
「農協の事業展開における協同会社の役割に関する実証的研究」
全国農業協同組合中央会『協同組合奨励研究報告』
第18集 1992.11. 1〜34頁
○冨田義昭 「労働力不足下の北海道野菜の現状と課題」
北海道農業経済学会『北海道農業経済研究』第2巻2号
1993.3.22〜35頁
2.学会、研究発表
○千葉僚郎 「流通論の方法と市場論の方法」
日本流通学会北海道・東北部会
−1992年春季例会基調報告−、1992.5.
○吉野宣彦 「酪農専業地帯における低投入持続的酪農の存立条件」
平成4年度日本農業経営学会
秋季研究大会個別報告、1992.10.
○吉野宣彦 「酪農における個体乳量増大による経営変化−急速に高泌乳化した釧路市庁・白糠町を対象に−」
第85回北海道農業経済学会例会個別報告、1993.3.
○田渕直子(嘱託研究員)
「北海道における農協生活購買事業の事業方式に関する研究
−ホクレンー単協間の事業方式を中心に−」
第85回北海道農業経済学会例会個別報告、1993.3.
3.著書及び投稿
○千葉僚郎 「持続可能な農業発展の道を求めて
  −第21回国際農業経済学会議のこと−」
『農林水産技術同友会報』第10号、1992.6.3〜6頁
○千葉僚郎 (著書)『農産物市場問題の現段階』梓出版社1993.3
○千葉僚郎 (書評)太田原高昭著「北海道農業の思想像」
北海道農業経済学会『北海道農業経済研究』第2巻第2号
1993.3.60〜61頁
○冨田義昭 「北海道らしい野菜生産のトータルシステムの構築
  −前後の作業工程を加味した機械開発へ−」
(株)北海道協同組合通信社
『ニューカントリー』1992夏季増刊号
人手不足時代の経営、1992.7.58〜61頁
○冨田義昭 「需要変化に対する野菜産地の課題と経営的対応」
(社)北海道農業改良普及協会『農家の友』7月号
特集/野菜の産地形成を考える、1992.7.10〜14頁
○冨田義昭 「営農販売部門研修に対応して−農協学校・短期研修(野菜・花きコース)の講義−」
(社)北海道地域農業研究所
『地域と農業』 No.6 解説 1992.8 36〜39頁
○中村正士 「情報システムはいま」
(社)北海道地域農業研究所『地域と農業』連載
4.パソコン通信とは、美幌農業舘パソコンネットワーク(bibot-net)、農家のパソコン通信利用例(栗山町谷内憲昭氏)
No5,38〜43頁
5.長野県青果物情報システム(長野経済連)、レタスネットワーク野菜市況情報システム(長野川上農協)
No6,42〜48頁
6.土壌分析診断システム(ホクレン)、生乳検査システム((社)北海道生乳検査協会)
No7,42〜47頁
7.VAN事業と系統農協ネットワークシステム、北海道系統農協総合ネットワークシステム(JAネット北海道)
No8,42〜48頁
○吉野宣彦 「最近の北海道酪農の構造変化をどうみるか」
北海道農業会議『北方農業』4月号
特集/どうなる北海道酪農、1992.4.9〜11頁
○吉野宣彦 「縮小も可能性ある選択肢−所得増大・労働力短縮は単一思考からの脱却−」
(株)デーリイマン社『デーリイマン』3月号 1993.3 18〜19頁